〜1年の成長をみんなで喜びあえる3園合同発表会〜

2月22日(金)、麻生市民館ホールにて行われた新百合ヶ丘駅園、万福寺園、上麻生園3園合同発表会。

子どもたちも日々練習を重ね、各園先生たちも全体で100着以上の手作り衣装などの準備に奔走。
朝から段取りや打ち合わせにかけまわる、先生たちの姿も。

「僕たちのカッコイイ姿、私達の可愛い姿を最後までお見逃しなく!これから平成30年度TKC発表会を始めます!」の言葉でいよいよ発表会がスタート。

新百合ヶ丘駅園、上麻生園、万福寺園、各学年それぞれが先生たちの手作りの可愛い衣装に身を包み、
楽しい手遊び歌やダンス、劇を発表してくれました。

後半の部のピアニカ発表やフラッシュカード、運動など1年の成長を感じられる堂々とした発表を披露。
11月のスポーツ大会からさらに磨きのかかったパフォーマンスを見せてくれました。
跳び箱も4段、5段、6段と流れるようなリズムで飛び越え、7段、8段、さらには自分の背丈より高い9段、10段にも果敢に挑戦、数人が見事成功!!
子どもたちのパフォーマンスを先生たちも必死でサポートします。

年長・A組さんのメモリアルスライドショーの後は「私達がここまで大きくなったのもお父さん、お母さんのおかげです。理事長先生もいつも僕たちのことを大切に想ってくれてありがとう。私達はTKCの先生たちが大好きです。今まで本当にありがとうございました」心の成長を感じられる立派な挨拶に大きな拍手が響きます。

田中理事長「 逆立ちが出来る、側転が出来る、何段跳び箱が出来る、でもそれ以上に天才キッズクラブが大切にしているのは、友達への応援です。保護者や小学校の担任の先生から、TKCで育った子どもたちがクラスのムードメーカーになって他のお友達の応援をしてくれています、そんな言葉がたくさん聞こえてきます。出来ても出来なくても、何事にも果敢にチャレンジしていく姿に私はいつも元気をもらっています。今年はヨコミネ式を卒業して、天才キッズクラブ式となり、全園交流スポーツ大会がとどろきアリーナであります。7月13日、14日、希望者での富士山登山もあります。これからも天才キッズクラブの夢は果てしなく続きます。ずっとずっとチャレンジしていきます。 まず今日は頑張って帰ってきた子どもたちを褒めて、思い切りハグして「大好き」と言ってあげてください。」
年に1度の発表会は、子ども達が過ごした時間の集大成でもあります。
お互いにいいご褒美がもらえそうですね!