黄金期にチャレンジを続け、一歩先に。

子どもが外遊びをする時間がここ30年ほどで半減したといわれていますが、外遊びでもボール遊びが出来る場所や安全面などを考えたり、お友達とゲームをする機会が増えたり、親世代と比べると今の子どもたちの遊びの内容や質も大きく変化しているといえます。

また運動能力や神経系の発達が著しいといわれるゴールデンエイジ期(年長~小学6年)を逃さずに運動能力を確実にアップさせたいとお考えの保護者の方も多いのではないでしょうか。

現在TKCの年少~年長クラスで体操を教えている佐藤先生は、2歳から小学6年生迄、また幼稚園、保育園だけでもおよそ1,000人以上の子どもたちに体操を教えてこられました。

佐藤先生「TKCで大切にしている人を応援する力、たくさん成功体験を積んで「やればできる!」というチャレンジ精神を育むことを体操の時間を通して伝えていきたいです。また運動能力や神経系の発達が著しいゴールデンエイジ期は運動の基礎を習得する絶好のチャンスですから、身体能力、運動神経を伸ばす土台を育むことで、その後好きな専門スポーツをはじめた時に、自信を持って人より一歩先に進めるようにしてあげたいです。

続きはコチラから<TKCmagazine登録>

↓  ↓  ↓
https://resast.jp/subscribe/83758

今秋TKCの課外教室「TKCスポーツクラブ」が新しい施設でスタートします!

幼児から小学生クラスまで増え、縄跳びやボール投げ、フットサルなどにもどんどん挑戦していきますので、お楽しみに!