慎重な我が子にもスイッチ入った!?

「天才キッズクラブ(TKC)」では、毎日の様にブリッジ、えびぞり、柔軟体操に始まり、年中さん頃には壁逆立ちから始まり、逆立ち、側転、跳び箱といったメニューの運動を無理なく行います。
年長さんになる頃には、手足の伸びた側転、自立した逆立ち歩きができるようになっています。「這えば立て、立てば歩めの親心」という言葉もありますが、親にとっては子どもが自ら進んで出来るようになるのは嬉しいものです。勿論子どもはそれぞれ千差万別で兄弟、姉妹といえど身体的にも性格にもそれぞれ違いがあり、慎重な性格ゆえに積極的に挑戦できずに様子見ばかりであったりすると心配でヤキモキしますが、無理強いせずに見守っていると、ほっておいても自分のタイミングで入っていく事ができたり、いつも活発な子でも集団に入れば時に上手くいかない事が出てきたりすることもありますが、集団の中でちょっとした先生の声かけやきっかけで自分で乗り越えていける事も多いですね。

「天才キッズクラブ(TKC)」にお母様とご一緒に見学に来られた兄弟の子どもたち。
天才キッズクラブのお兄さんお姉さん達が当たり前のようにカッコいい技をガンガン披露してくれる体操の時間を見学し、活発なお姉ちゃんは積極的にどんどん一緒に参加する一方で、尻込みしてばかりだった弟くん。リアクションは真逆でしたが、弟くんは家に帰るとやけにごはんをいっぱい食べたそうです。
そして「いっぱい食べて、逆立ちとか側転とかああいうのできるようになるんだ~!」とポツリ。
・・・心配しなくてもしっかり影響を受けてすでにやる気になっていたのですね。
そしてひとたびスイッチが入れば思いついた時に自分のペースでコツコツと逆立ちの練習を始めます。
「凄いね!」「良くなったね!」とさりげなく補助しながら時々褒めてあげて、あとは見守るだけでいいようです。そのうちマットに手をついて、後ろ足で壁をよじのぼっていく壁逆立ちが出来るようになり、立ってるところから反動をつけて床に手をつけて逆立ちができるようになり。そして月日が経つうちに気がつくといつのまにか、、、逆立ちをクリアしていました!

「やらせない・教えない・無理強いしない」が天才キッズ流。
子どもは、大人の真似も好きだれど、子どもの真似をするのはもっと好き!
子育ては嬉しい驚きをたくさん運んできてくれますね!