大人も子どももワクワク輝く【陽だまりの家 百合ヶ丘園 】

住宅地の中に緩やかに弧を描いた建物が特徴的な天才キッズクラブ陽だまりの家、百合ヶ丘園が開園しました。地域のお子さんや先生のお子さんを預かる小規模園として5月に開園スタートしています。

エントランスには先生たちが画用紙で作ったパステルカラーの蝶が壁一面に。まるで一斉に飛んで、案内してくれているような楽しい気持ちになります。

陽だまりの家百合ヶ丘園にはネイティブの英語講師が週に1度、英語レッスンと保育補助としても子どもたちと一日中関わります。子どもたちや周りの先生たちも自然と英語に親しむ事が出来る環境なのだそうです。

週に一度専任講師によるミュージカルレッスンもあり、とにかく歌やダンスが大好きな園児たち。晴れた日は毎日大好きなお散歩に出かけ、雨の日は室内で思いっきり歌やダンスを楽しみます。

塚本園長「元気いっぱい体を動かしている時の子どもたちの笑顔が最高です。小規模園だからこそ、先生と子どもたちがより深く関われる。お友達同士の関わりも深くなるので、「ありがとう」など気持ちを伝え合ったり、お友達を助けたり、応援出来る優しさを大切に、人と関わるのが楽しい!好き!と思えるような環境づくりを大切にしたいと思います。」

子どもたちが人とワクワク関わりを持てるように

大人同士も、手を取り合ってワクワク過ごしたいですね!