チャレンジ精神を育む

今日は「天才キッズクラブ(TKC)」の子どもたちに身についている、 チャレンジ精神のヒミツについて です。

「天才キッズクラブ(TKC)」では、体を鍛えるために毎日、運動をかなりの量行っています。

ブリッジ、えびぞり、柔軟体操に始まり、逆立ち、側転、跳び箱といったメニューです。




年長さんともなれば、全員が側転ができ、逆立ち歩きができるようになります。

どんなものかと思い、私も子どもとチャレンジしてみておりますが・・・。

側転と逆立ちまではできましたが、逆立ち歩きは日々の訓練がもっと必要なようです(涙)。
大人は背中が固いので、注意も必要です(笑)!

保育者も、全員逆立ちできるってわけでもありません。
改めて、子どもはすごいことをしてるんだなぁと、やってるスタッフ自身が実感し、尊敬の念を抱いています。

「すごい保育園があるんだってね、
子どもがアクロバティックなことができちゃうみたいだよ?」

「聞いたことある!
逆立ちで歩くんでしょ?
なんだかお勉強も、全員がすんごくできるんだってね!」

・・・子どもがオドロキの成果をじゃんじゃん見せてくれるので、「天才キッズクラブ = 逆立ち」のように捉えられている向きもありますが・・・。

我々は運動能力だけに固執しているわけではないのです。

逆立ちや側転ができるようになることを通じて、メンタル面が素晴らしい成長を遂げることに、さらなる価値を見出しています。

どれも、簡単にできるようになっているわけではありません。
日々コツコツと練習を積み重ねてできるようになっていきます。

そんな中で、「やれば何だってできるんだ」と子どもは思うようになります。
チャレンジする気持ちがあって、それを行動に移せば成し遂げられるんだというメンタルができあがります。

運動のときは、みんながお互いに応援し、賞賛し合います。

ブリッジ歩きを5メートルやると、なかなかゴールできない子もでてきます。
すると、「がんばれ!がんばれ!」手をたたいて応援の声があがります。

まだ跳べない跳び箱に挑んだ子が跳べなければ…。

「ナイスチャレンジ!」
拍手喝采です。
チャレンジはカッコいい、という文化なんです。

「天才キッズクラブ(TKC)」のチャレンジ精神のヒミツ、それは、自然にチャレンジしたくなってしまう環境にしちゃってるってことなんです(笑)!
いいですねぇ~~。

「天才キッズクラブ」のような環境でチャレンジ精神を育んだ子どもたちは、なにごとにも臆せず、チャレンジ精神が旺盛な子になります。

子どもがおもしろい事に出会って興味を持って、チャレンジして新たな一面をどんどん見つけていってくれたら・・・。教育熱心な親として保育者として、これほど嬉しいことはありませんね。

「三つ子の魂 百まで」と言われるように、この時期に人間性の基礎はできあがります。

子どものチャレンジ精神を育むことに一役買うことができるのも、この時期に子どもと関わることができる親や保育者ならではというものです。