〜親子でスーパーハッピーになれる卒園式〜

3月23日(土)新百合ヶ丘楽学館保育園年長児、A組さんの卒園式。
田中理事長「朝の8時半からのマラソン、逆立ちや跳び箱、合同練習など「私は出来る、絶対出来る、やってやるぞ!」とみんなで仲良く気持ちを一つに、沢山の時間を共に過ごしてきました。側転が出来る、逆立ちが出来る、5段、6段跳び箱が飛べる君たち。でもそれ以上に共に助け合い、人のことを応援し、人が出来ることを喜んであげられる、君たちは私達の誇りです。」

読書表彰では、2679冊の本読みを達成させた園児から順に、表彰状が贈られました。

卒園児感想文では大好きなお父さんお母さんに感謝の気持ちと思い出や夢をいっぱいに綴った作文を読み上げます。卒園する実感がひしひしとこみあげ、こらえきれず涙する子の姿も。

「さよならぼくたちの保育園」の揃った力強い歌声が教室いっぱいに響きます。

卒園式後はA組さんの保護者主催の謝恩会がスタート。

幼少期の写真で保護者や先生をあてっこするクイズ「この人だ〜れ?」や、お父さんチームによる「U.S.A」の曲で「T.K.C」ダンスでは、ブリッジや側転、逆立ち歩きを取り入れた迫力のあるサプライズパフォーマンスがあり、感激のあまり思わず理事長先生や子どもたちも駆け寄り、みんなでハイタッチする場面も。

子どもたちの成長を辿るメモリアルスライドショーでは、「いつも笑顔溢れる保育園。TKCで過ごした時間は子どもたちにとって財産です」「TKCがこれからも笑顔いっぱいな場所でありますように」保護者の方々から想いを込めたメッセージが綴られています。先生たちにオルゴール付きの写真立てや歌のプレゼントも。

田中理事長「こんなに想いの込もったプレゼントを沢山もらって、これまで天才キッズクラブをやってきて本当に良かったと思える瞬間でした!(涙)天才キッズクラブはいつでも戻って来られる場所として、遊びに来てもらえる場所でありたいと思っています。これからも語り合っていきましょう。!」

笑顔と涙が絶えない、親子でスーパーハッピーになれる卒園式と謝恩会となりました。