〜笑顔と諦めず継続する力が「たくましい心」を育む〜

天才キッズクラブの園内は仕切りの無いオープンスペースが多く、各学年のクラスの様子やレッスン風景をゆっくり見学することが出来ます。逆立ちや側転する姿や、机に座って集中して本を読み、自主的に文字や数字に取り組む姿を見て驚かれる方も多いですが、驚かれる一番のポイントは子どもたちが遊ぶような感覚で楽しみながら学んでいる姿やイキイキとした笑顔なのだとか。

ある園では、クラスのほぼ全員が逆立ちを出来るようになった時、逆立ちがなかなか出来ない子に個別で対応していましたが、あまり無理に逆立ちをさせて苦手意識が出来ないよう、好きな側転の練習に切り替えた所、みるみる側転をマスターし、意欲的に新しい技や逆立ちにも積極的に挑戦出来るようになったそうです。

好きなことからどんどん伸ばしていくことで自信がつき、先生や仲間が「出来る!」と信じることで、自分の力で乗り越えていく。そんな子どもたちの姿や笑顔が、先生たちにとっても学び場であると同時に、やりがいにも繋がっています。成功した時に自分の事のように喜んでくれる仲間や先生たちの存在も「また挑戦したい!」というワクワク感に繋がっているのかもしれません。

「TKCを卒園した子が「保育園の先生になりたい!」とインターンの様にして毎週お手伝いに来てくれていました。エプロンをして在園児たちのお世話をしてくれる姿を見ていると、本当に嬉しいですね」と話す田中理事長先生。

保育園でも家庭でも挑戦や成長を笑顔で見守りながら、「諦めず継続するたくましい心」を一緒に育んでいきたいですね!