〜大人も子どもも夢中になれる稲刈キャンプ!?〜

天才キッズクラブでは長野県塩尻市の「陽だまりの家」にて、田植えキャンプ、サマーキャンプ、稲刈りキャンプを開催。1泊2日の稲刈りキャンプは園児と保護者家族対象の希望制です。

今年は9月21日出発とと9月22日出発の2コースがありました。9月21日の出発班は雨となってしまいましたが、到着早々、理事長先生と運動遊びや逆立ちなどで体をしっかりと動かした後は「うどん作り」。親子で粉を捏ね、生地がまとまってきたところでポリ袋に入れ、上から足踏みをしますが、そこへダンスのBGM、、。

ノリノリのリズムに合わせて子どもたちも生地の袋の上で飛び跳ね、しばし楽しいダンスタイム。程よく生地をまとめたら丸めて寝かせます。その間に竹材をノコギリやカッター、やすりなどで削りながら箸やバターナイフ、楊枝などを作成。作業に没頭し子どもも大人も夢中になれる時間です。その後、出来上がったうどん生地を伸ばし、包丁で好みの太さに切り茹でていきます。出来上がりの大きさや形を楽しめる手作りならではのうどんを堪能しました。食後の「味噌作り体験」では茹でた大豆を手動のミンサーへ入れて、大豆挽きにも挑戦。挽いた大豆に麹と塩を加えてまとめていきます。それぞれ持参したタッパーに入れ各自持ち帰り、味は半年~1年後のお楽しみに。

翌朝は稲が実り黄金色に染まった田んぼに出掛け、お土産分を鎌で刈り取りました。そして大自然の中でのプルーン狩り。梯子に登ってもいだ瑞々しいプルーンをそのまま食べたり、親子で籠いっぱい収穫。陽だまりの家に戻った後は採れたてプルーンで早速ジャムを作ったり、トッピングしながら窯でピザを焼いたり。稲に袋いっぱいのプルーンや手作り味噌、ジャムなどお土産もたっぷり。

「大自然の中、大人も思い切り楽しみながら、子どもたちを野放しにしよう、というのが今回のテーマです」と理事長先生。1泊2日にもかかわらず、参加者同士、子供同士の距離が縮まり、まるで家族のような一体感が楽しめます。
大人も子どもも夢中になれる稲刈りキャンプ、来年も是非ご参加ください!