〜体験型レッスンで楽しく育む「英語力」〜

2020年の大学入試改革も視野に入れ「聞く」「話す」「読む」「書く」4技能をバランスよく伸ばすため、小学校からの英語教育も強化されています。点数をとるためだけの学習ではなく、英語をコミュケーションツールとして使うことの出来る「実践力」を伴った英語力が求められています。

「天才キッズクラブではオールイングリッシュの英語レッスンがありますが、ネイティブ講師から歌やゲーム、読み聞かせ、お店屋さんのロールプレイングなどを楽しみ興味を引き出す体験型レッスンが特徴です。ニュージーランド、アメリカ、フィリピン等、多くの国の先生との関わりの中で子どもたちがフォニックスを含む言語、生活習慣、考え方など異文化を学び、コミュケーション力を育む大切な場となっています。園の保育士や補助の先生が2人以上ついて、子どもたちのフォローをしながら一緒に歌を歌い、「Good job!」と褒めたり、呼びかけたりしながら子どもたちがレッスンに集中出来るよう、連携のとれたチームレッスンを心掛けています。」と田中理事長先生。

それぞれの学年や年齢に即した内容の年間カリキュラムがありますが、英語の質問にも臆することなく答え学年が上がるにつれて積極的に手を挙げ、発言や会話を楽しみしながら英語を学んでいる姿が目立ちます。

年に一度の発表会では、英語のミュージカル劇などでレッスンの成果を発表する機会があり、子どもたちもとても楽しみにしています。

卒園後もTKC学童保育では週に一度の国連英検ジュニアテストのための授業があり、小学校3年生で中学2年程度の修学レベルにあたるAコースに合格している子も数人います。オプションの個別英語レッスンもあるので引き続きステップアップしながら継続して英語を習得することが出来ます。

ご家庭でも親子で英語に親しむ気持ちで会話に英語を取り入れたり、レッスン曲を流して一緒に歌うだけでもレッスンの振り返りやアウトプットになり、次のレッスンへのモチベーションアップに繋がります。英語を楽しみながら子どもたちの好奇心を広げ、「やってみたい!」というチャレンジ精神をどんどん伸ばしてあげましょう!